英語圏のジャーナルでの出版に向けて学術論文を執筆、提出する際に日本の著者が直面し得る様々な課題について、私達は理解しています。日本語を母語とする著者によって執筆された原稿の編集における実績を元に、弊社では、提出前の原稿をベストの状態に仕上げるお手伝いをさせて頂いております。

著者の母語にかかわらず、最終的な原稿をネイティブの英語話者による執筆レベルに仕上げることが私達のミッションです。日本語を母語とする著者が意図する内容を英語で明確に表現することは、様々な面で難易度の高いものです。この点に関する理解を元に、弊社が請け負うすべての編集プロジェクトには二段階の作業工程が組まれます。第一段階では、文法や表現方法のミスをできる限り校正します。この段階においては、著者の意図する内容が正確に英文に反映されるように、著者には必ず複数の質問に回答して頂きます。第二段階の作業は、著者が質問に回答した後に無料で二度目の編集作業を原稿に施すというもので、他社の編集サービスではほとんど提供されていない内容です。この二段階の編集作業を行うことで、著者の理想に見合った原稿に仕上げることができます。

また、弊社の提供するプレミアムサービスでは、提出前から原稿受理までの段階を通して、カバーレターの作成、編集者への返答や査読者によるコメントなどに関連する補助作業 も行っています。

さらに、弊社ではAbstract(500words以下のもの)の編集作業を一度限り完全に無料で提供しております。その後継続して弊社サービスをご利用頂く必要はありません。このサービスにおいても、上に述べた内容と同じ二段階の編集作業を行いますので、最終的にお受け取り頂く校正済みの原稿がどのようなものになるかは事前にご理解頂けるかと思います。

ホームページのリンクから原稿をお送り頂ければ、見積もりをこちらから提示致します。当社サービスのご利用をお待ちしております。

Submit your document

“DNA – The National Museum of Emerging Science and Innovation” by MIKI Yoshihito is licensed under CC BY 2.0. The image was cropped.